注文住宅を建てる前に知っておきたいつなぎ融資

注文住宅でローンを組む場合

注文住宅を建てる人の多くは、ローンを組んでいます。はじめから土地がある人はともかく、見知らぬ土地に住む場合には、まず土地を購入することから始めないと行けません。土地を購入する場合、田舎であれば現金で購入することができるほど安いですが、そうでなければ大抵ローンを組むことになるのではないでしょうか。ですが、その後に建物を建てるときにローンを組む場合は少し問題があります。では一体どのような問題があるでしょうか。

建物がない場合はどうするの?

問題の一つがローンについてです。ローンは土地でも組んでいる人が多いですが、その後建物を建てるときにもやはり現金で出す人は少なく、ローンを組むことになります。ローンを組む場合に問題になるのは、建物が建てられていたない段階で果たしてローンを組むことができるのかと言うことではないでしょうか。ローンは建物を担保に借り入れる物です。ですが、建物がない段階では担保がないのでローンが組めず、建築会社に前金を支払う事ができなくなってしまうのです。

建物は建築されていると仮定する

理屈上はローンを組むことができないことになりますが、実際にはそれでは不都合と言うことで、建物がなくてもローンを組む事ができる仕組みがつなぎ融資です。土地をローンで買っている場合は、まだ建物が建築されていない段階でも、その建物はすでに建っているものと仮定してローンを組むことができるのです。土地を買ってるのであれば、当然建物がなくても建物を建てるのは予測できますので、こういった制度が用意されているのです。

足立区の注文住宅は子育て世代を中心に人気が高まっています。敷地面積や床面積が比較的大きくてもリーズナブルな価格設定が魅力です。