自然ゆたかな八ヶ岳の別荘で、心豊かなひと時を過ごす

四季それぞれに楽しい八ヶ岳の別荘

八ヶ岳は、長野県と山梨県にかかる火山群の総称で、最高峰の赤岳2899mをはじめとして、南北に広がる広大な地域が含まれています。山麓や裾野は、夏は涼しい避暑地として、冬はウィンタースポーツが楽しめる別荘地、リゾート地として人気のスポットとなっています。八ヶ岳の別荘地として有名なものには、蓼科高原、富士見高原、原村中央高原がありますが、八ヶ岳の別荘地として共通の楽しみもあれば、それぞれに違った歴史があり、個性を生かした楽しみ方もあります。

のんびり過ごすのが、別荘ライフの王道

八ヶ岳の別荘ライフの共通の楽しみは、何といっても恵まれた自然を満喫できることです。木々を渡る風や澄み切った空気に身体を預けるだけで、癒されリフレッシュされる気分になれます。特別な観光をしなくても、散策や読書、軽いスポーツなどを楽しみながら、ゆったりと過ごしてくつろぐことが、別荘ライフの醍醐味ともいえます。また、新鮮な高原野菜や牧場のミルクなど、ヘルシーでおいしい食べ物を味わえるのもうれしいポイントです。

個性を知って別荘地を選ぶ

蓼科高原と富士見高原は、湯治場、保養地として古くからの歴史のある場所です。体に良い清涼な水と空気があることで、別荘地としても人気となり、療養目的で滞在する人も多く見受けられます。原村中央高原は、蓼科高原や富士見高原に似た環境であることから、昭和30年ごろから開発された新しい別荘地です。ペンション村があったり、おしゃれでかわいらしい印象です。どのエリアでも、美術館など見どころスポットがあるので、長期滞在なら気分転換にいろいろ訪れてみるのも一興です。

八ヶ岳の別荘の自然環境の良さは、多くの住人から支持されており、立地の良い物件を早いうちに探すことがコツです。