親御さんに寂しい思いをさせない!二世帯で暮らせる注文住宅

防音設計がしっかりした二世帯住宅

親御さんのために二世帯住宅で暮らしたいけれど、自分の友達を自宅に呼んだ時の事を考えると、物音などが気にならないか心配になってしまう人もいます。そんな物音の心配をしなくても良いように、防音設計のしっかりした注文住宅で二世帯が同居する事も増えてきました。親御さんが生活する事になる部屋や階層と、隣接するスペースの間だけ防音設計にして、プライバシーを守るという人も多いです。子供の泣き声などで親御さんに迷惑をかけてしまわないように、防音設計の導入を考える人も少なくありません。

親子が顔を合わせやすい設計の二世帯住宅

親世帯と子世帯の生活スペースを大胆に区切って、プライバシーに配慮した二世帯住宅で生活している方々も増加中です。自分たちの好きなように空間を使えて、親御さんに遠慮をせずに暮らしていけるという点が喜ばれています。しかし生活スペースを区切ったからといって、親子の触れ合いが無くなるというわけではありません。食事をするスペースだけは共有で使い、数人で一緒に調理がしやすいキッチンのある注文住宅もおすすめです。

二世帯住宅に適した階段の作り方を考える

二世帯住宅で生活をするために注文住宅を買うのなら、将来的に親御さんの足腰が弱っていく事も考えなければいけません。階段を設置する際にも、足腰が弱った人が移動をしやすいように、手すりを両サイドに取り付けるといった工夫をしてみましょう。左右の手で身体を支えながら階段を上れるというだけで、高齢者の方々が住宅内を移動しやすくなります。車椅子での生活に備えるのであれば、住宅内にエレベーターを設置する事も考えておきましょう。

注文住宅を建てようと思ったらどこの業者にするのか選ぶ必要があります。どんな家ができるのかかなり影響があります。