住人と話をしよう!かゆいところに手が届くマンション管理

マンションに長く住んでもらう方法

マンション経営をしている上で大切になるのが一度入居した人に長く住んでもらうことです。退居されてしまってもまた新しい人が入居してくれれば良いと考えてしまいがちですが、その度に空室期間ができてしまって収入が少し減ってしまうでしょう。また、クリーニングや修繕を行わなければならない手間もかかります。新しい入居者を迎えて隣人トラブルが生じるリスクもあるため、できる限り良い入居者に長く住んでもらうのに越したことはありません。

管理の仕方で変わる入居期間

入居期間を長くするためには管理の仕方をよく考えることが大切です。賃貸に住んでいると住人は多かれ少なかれ不満を持つことがあります。それに耳を傾けられるように住人と話をするのはマンション管理をする上で重要なことです。些細な不満であっても改善を試みていくと、その本人以外も満足度が高くなります。ときどきマンションに足を運んで住人と話をしてみると、簡単に対処できるレベルのことでより満足してもらえるようになることがよくあるのです。

空室対策の例を知ろう

マンション管理の方法として住人の話を聞いてみると、小さな空室対策を重ねていきやすくなります。室外にあった洗濯機を室内に置けるようにして欲しい、バスとトイレが別になったら嬉しい、ごみ捨て場をきれいにできないかといった話はよくあるものです。住人に合わせて空室対策を行えばそれほど効果的なものはありません。部屋の中の工事が必要になる場合には相談が必要ですが、積極的に取り組んでみると長く住んでもらえるようになるでしょう。

マンション経営に適した物件をスムーズに見つけたい時には、信頼度の高い不動産会社の専門家に相談を持ち掛けることが肝心です。